オルビスユーは20代にもおすすめ?スキンケアが必要な理由

オルビスユーの写真とオルビスユーは20代にもおすすめ ?スキンケアが必要な理由の説明

一度できてしまったシミやシワはなかなか薄くすることはできません。

20代のうちにしっかりお手入れをしておくことで、30代40代になった時、濃くなってしまったシミや深く刻まれたシワに悩まされるリスクが少なくなるとしたら、今のうちからケアをしておいた方が楽ですよね。

当サイトでは30代からのエイジングケアスキンケア化粧品オルビスユーを、20代だからこそ使ってほしいスキンケア化粧品としておすすめしています。

なぜオルビスユーを20代のうちからおすすめしているのか、なぜスキンケアが重要であるのかを解説していますので、是非最後までご覧ください。

オルビスユーは20代にもおすすめ!

オルビスユートライアルセットの画像

オルビスというと、なんとなく30代40代の人が愛用しているイメージがあるという方も多いかもしれません。

実際にオルビスユーは30代の女性の悩みをヒヤリングし開発された商品ですので、メインターゲットは30代、40代の方であることは間違いありません。

しかし、30代、40代のお肌の悩みは元を辿れば20代の頃のライフスタイルやスキンケアが大きな要因となっているとも言われています。

そのため、20代のうちからしっかりとスキンケアをしておくことが、30代40代になったときの肌トラブルを軽減させることができるという思いから、20代からオルビスユーを使い始めることをおすすめしています。

オルビスユーシリーズはここがすごい

オルビスユーシリーズは「30代からの分岐点エイジングケア」をコンセプトに作られたスキン化粧品です。

オルビスシリーズの「肌本来の力を信じ不要物には頼らない」という思いはそのままに、オルビスユーを使う人の肌の力を、どこまでも活かすアイテムとしてリニューアルしました。

オルビスユーの開発はストレスを跳ね返すようなしなやかで美しい肌を育むにはどうすればよいのかという疑問からスタートし、まず最初に行ったことは30代の女性への聞き取り調査でした。

その結果、スキンケアを怠ったわけではないのに毛穴がしずく型になってきた、お昼になると化粧崩れが目立つようになった、顔色がくすんでいるといった肌トラブルに悩まされている声が聞こえてきたそうです。

その症状はまさしくエイジングサインでした。

エイジングサインが気になっている女性のイメージ画像

旧オルビスユーは肌には自ら美しくなる力があるという発想から、肌本来の力を活かすために研究開発を重ねてきた商品です。

そして新オルビスユーは、従来の肌本来の力を活かすというコンセプトを守りながら、さらに進化した商品でありたいという思いの元、誕生しました。

新オルビスユーのコンセプトは、細胞フィットネスです。

30代の女性への聞き取り調査を行った際、ある女性から体重は変わってないのに頬がこけて見えたり、肌がしぼんだように見えると言われたことがあったそうです。

肌の中で一体何が起こっているのでしょうか?

それは肌内部の脱水症状です。

おむつや保冷剤に使用される吸水ポリマーを想像してください。

水をたっぷり含んだ吸水ポリマーはぷるぷるで弾力のある状態なのに対し、水を吸っていないの吸水ポリマーはカチカチで色もくすんでいます。

吸水ポリマー画像

つまり、お肌内部でも細胞がうるおいで満たされていなければ弾力のない、しぼんだようなお肌になり、ハリの低下やくすみ、乾燥など様々な肌トラブルを引き起こしてしまうのです。

お肌内部と吸水ポリマーとでは構造が違うのでは?と思われるかもしれませんが、細胞がしぼんだり膨らんだりすることは実際に起こり得ることだとポーラで製品開発をしている研究員の方も語っています。

体内に存在するアクアポリン(タンパク質)は、細胞の中に水を取り込む働きがあり、加齢やストレスによって減少することや肌の実力を高めるのに重要な役割を担っていることが研究によって明らかになっています。

オルビスユーに配合されているキーポリンブースターの画像

オルビスユーではキーポリンブースター3成分が角層の奥、全層にうるおいの通り道をつくり、細胞内部がしっかりとうるおいで満たされ、本来の力を発揮しやすい肌環境に導きます。

※キーポリンブースター3成分…アマモエキス、モモ葉エキス、ヤグルマギク花エキス

オルビスユーシリーズは、オルビスユーウォッシュ(洗顔料)、オルビスユーローション(化粧水)、オルビスユーモイスチャー(保湿液)の3ステップでお手入れが完了します。

旧オルビスユーの保湿液は日中用・夜用と別れていましたが、オルビスユーはまずは肌環境を整えることが大事であるとして、3ステップでお手入れが完了するシリーズ構成となっています。

テクスチャーにもこだわって作られているのも、オルビスユーの魅力の1つです。

オルビスユーローションはとろけるみずみずしさがお肌にスーッと浸透していき、オルビスユーモイスチャーはスフレジェリーのようなテクスチャーでふわふわと軽いのにしっとり濃厚にお肌を包み込みます。

スキンケアは毎日の歯磨きと同様、ただの日課となっている方も多いのではないでしょうか。

しかし、スキンケア商品というのは、手を掛ければかけた分だけ応えてくれるものです。

オルビスユーで毎日のスキンケアを楽しいものに変えていきましょう!

オルビスユーが20代にもおすすめな理由

オルビスユーは30代からのエイジングケアとして開発された商品です。

 

そのため20代にはまだ早いのかな?と思われる方もいるかもしれません。

確かに、お肌のみずみずしさのカギとなるアクアポリンは加齢によって減少するため、年齢を重ねた女性にこそおすすめしたいスキンケア化粧品であることは間違いありません。

しかし、お肌がうるおい不足になる原因はアクアポリンの減少だけとは限りません。

お肌に悪いことを紹介する女性のイメージ画像

✅ 誤ったスキンケアで保湿が足りていない
✅ タバコやアルコールなどの外的要因
✅ ストレスや疲労、睡眠不足
✅ 偏った食生活
✅ 紫外線・冷房
✅ 肌への刺激や摩擦

お肌のうるおいは生活習慣による影響も大きく、偏った食生活や睡眠不足の日々が続いてしまうとターンオーバーが停滞し乾燥肌の原因となります。

また、自分は脂性肌だと思い込んでいる人に多いのが、洗浄力の強い洗顔料で顔をゴシゴシと洗い、その後化粧水だけでお手入れを済ませてしまうということです。

これは肌のバリア機能を低下させるだけでなく、皮脂の過剰分泌を促すことになりますのでお肌にとっては悪循環になりかねません。

紫外線がシミやシワ、たるみなどといった様々な肌トラブルを招くのは言わずもがなですし、冷房の当たり過ぎはお肌を乾燥させてしまいます。

タバコは活性酸素が増加するためお肌を老化させる原因となりますし、飲酒もアルコールを分解する際に体内の水分を多く消費することかから乾燥肌を招く要因になると言われています。

つまり、実年齢は20代であっても、肌年齢は30代を超えている方も少なくないのです。

丁寧にスキンケアをしている女性のイメージ画像

30代、40代になっても若々しくみずみずしい肌を維持したいと考えているのあれば、20代のうちからしっかりスキンケアをし美肌貯金をしておくことが大切です。

20代のうちから特にしっかりお手入れしておきたいのが紫外線予防とうるおいです。

日焼け止めでシミができないようしっかり対策をするのはもちろんのこと、お肌をうるおいで満たし、ターンオーバーで黒色メラニン(シミの元)をしっかり排出させましょう。

お肌のお手入れに早いということはありません。

うるおい不足はあらゆる肌トラブルを招きます。

化粧水の浸透を高めるブースター洗顔料、高保湿成分濃密ウォータージェリーがたっぷり配合された化粧水、吸着性に優れたハリヴェール成分が配合された保湿液で、いつまでもハリのあるみずみずしい肌を維持していきましょう!

オルビスユーを使うなら20代前半から?20代後半から?

オルビスユーを使うなら20代前半から使うのが良いのか20後半からが良いのか悩んでいる女性のイメージ画像

オルビスユーを使うなら20代前半から使った方がいいのか、20代後半からでもいいのか迷いますよね。

オルビスユーは30代からのエイジングケアとして開発された商品ですので、20代後半からで十分じゃないかと思われるかもしれませんが、前述したようにお肌のお手入れに早いということはありません。

シミやシワは一度できてしまうとなかなか治りません。

そのため、シミやシワの対策には「できないようにする」ことが一番確実です。

特に20代前半のお肌というのは皮脂の分泌が盛んに行われる時期ですので、誤ったスキンケアを行ってしまうと毛穴に汚れが詰まって黒ずんでしまったり、ニキビなどの原因になってしまいます。

そして、黒ずみやニキビを隠すためにコンシーラーやファンデーションで厚塗りした結果、毛穴を塞ぎ、お肌の状態がさらに悪化してしまう恐れもあります。

そのため、オルビスユーを使うなら20代前半から使うのがおすすめです。

20代前半のうちからターンオーバーをしっかりコントロールしておくことで、30代、40代になっても透明感のある肌を維持することができます。

クレンジングしている女性のイメージ画像

まだ若いから大丈夫だろうと、メイクを落とさず寝てしまったという日もあるかもしれませんが、メイクの油分や皮脂が肌の上で酸化しバクテリアの温床となってしまいますので絶対にやめましょう。

酸化した油分は肌にとって刺激物となります。

毛穴に汚れが詰まることで吹き出物や肌荒れの原因となりますし、肌表面の角層が分厚くなることで、ごわつきやくすみ、たるみの原因となってしまいます。

また、新陳代謝が最も活発に行われる時間帯にメイク汚れのせいで肌の再生ができないとなると、コラーゲンの量も減ってしまうためシワの原因にもなってしまいます。

特にアイメイクはマスカラの繊維が角膜を傷つけ結膜炎などの感染症を引き起こす可能性があるほか、栄養素が行き渡らないことでまつげが抜けてしまうこともありますので注意が必要です。

「若いから大丈夫」を繰り返していると、肌の奥にはダメージが積み重なっている可能性も…。

どんなに疲れていても寝る前に5分、メイクをしっかり落としきちんと保湿をしてから眠りにつきましょう。

オルビスユーならクレンジング+3ステップでお手入れが完了します。

たった5分のお手入れで、お肌本来の力を活かすことができるようになりますので、疲れてしんどい時も丁寧にお手入れすることが大切です。

お手持ちのクレンジングでメイクを落とした後は、オルビスユーウォッシュで毛穴の汚れや皮脂を綺麗にしましょう。

早く寝たいのに化粧水がなかなか肌に入っていかない…となると、スキンケアをするのも嫌になってしまうかと思います。

オルビスユーウォッシュで洗顔している女性の画像

しかし、オルビスユーウォッシュには化粧水の浸透を高める効果があり、オルビスユーローションがぐんぐん浸透していくので、スキンケアを時短することができますよ。

ちなみに、オルビスユーローションはとろみがある化粧水なので、オルビスユーウォッシュ以外の洗顔料だとなかなかお肌に入っていかないことがあります。

ブースター洗顔料オルビスユーウォッシュと併せて使うことで、浸透力が高まり細胞内部までしっかりと潤いで満たすことができるようになりますので、ライン使いが断然おすすめです。

そして、最後はオルビスユーモイスチャーでうるおいを閉じ込めるのもお忘れなく。

ジェリームースのようなテクスチャーでお肌を包み込みことで、一日の疲れを癒してくれます。

オルビスユーがおすすめな20代は?

オルビスユートライアルセットの画像

オルビスユーがおすすめな20代と、おすすめしない20代にはどのような違いがあるでしょうか?

まずオルビスユーをおすすめしない人とはどういう人かというと、ズバリ日頃から完璧なスキンケアを行っている人です。

日頃からスキンケアをしっかり行っていて、お肌の油分や水分のバランスが整っており健常な肌を維持している人であれば、今更スキンケアを変える必要はありません。

手間を省きたい、コストを下げたいという場合は、オルビスユーを使ってみるのもおすすめですが、現在行っているスキンケアで肌が良好な状態を維持できているのであれば、今は変える必要がありません。

年齢を重ね、現在使っているスキンケアではうるおいが足りなくなってきたと感じ始めてからでも問題ないでしょう。

一方、日頃からスキンケアを疎かにしている人や、日中外にいることが多い人、夜メイクをしたまま眠ってしまうことが多い人は20代のうちからしっかりとオルビスユーでスキンケアを始めることをおすすめします。

若いうちはターンオーバーの周期も短く肌が受けたダメージも回復しやすいのですが、回復速度を上回るダメージを毎日与えていたら、肌はどんどん弱くなってしまいます。

くすみが気になる女性ののイメージ画像

ニキビや肌荒れはパっと見ただけで肌の状態が良くないということが分かりますが、シミやシワはどんどん蓄積されていくため、すぐには気づくことができません。

20代後半から気になり始める「紫外線によってできるシミ(老人性色素斑)」は、薄くすることはできても、消すことはできないと言われています。

どうしても消したい場合には、美容皮膚科などでレーザー治療を受けなければいけません。

つまり、「紫外線によってできるシミ」は、できないようにするのが鉄則なのです。

そのために行わなければいけないことは20代前半のうちからしっかりスキンケアを行い、肌のターンオーバーを正常に機能させることが重要です。

ターンオーバーが正常に機能していれば、紫外線を浴びてもシミの元(メラニン)を排出してくれますので、シミになることはありません。

オルビスユーは肌の細胞脱水に着目し開発されたスキンケアシリーズです。

オルビスユーにはお得なトライアルセットも用意されていますので、興味を持たれた方は是非お試しされてみてはいかがでしょうか。

【トライアルセット内容】
・オルビスユー7日間体験セット
・オルビスユーセラム3回分
・シワ改善美容液7回分(リンクルホワイトエッセンス)
・オルビスユーマスク
価格:980円(税込)

まとめ

オルビスユートライアルセットの画像

オルビスユーは30代からのエイジングケアとして開発されたスキンケアシリーズですが、お肌のうるおいを満たすオルビスユーは20代の人が使っても全く問題ありません。

シワやシミがない20代前半のうちは、スキンケアの重要性をあまり実感できないかもしれません。

しかし、シミやシワは自分が知らない間にどんどん蓄積されていきます。

洗顔時やメイクの時、毎日必ず自分の顔を見ていますよね。

しかし、毎日自分の顔を見ていると、自分の顔の変化には気が付きません。

シミは徐々にうっすらと姿を現していたとしても、その変化には気付くことができないのです。

30代40代になってようやく気づいたときには、すでに濃いシミ、深いシワに…。

もちろん、30代、40代からスキンケアを始めても遅いということはありません。

しかし、スキンケアを始めるなら早ければ早いほど効果的であることは間違いありません。

若いお肌はターンオーバーの周期も短く、特別なお手入れをしなくても若々しくみずみずしい肌でいられるでしょう。

しかし、酷使させていればお肌にはどんどんダメージが蓄積されていきます。

若い頃に酷使した分のツケが、ターンオーバーの周期が遅くなってくる30代40代に返ってくるのです。

極端な話、オルビスユーではなくてもきちんとスキンケアができていれば、どのブランドでも構いません。

しかし、乳液や美容液、口元専用、目元専用…と種類が多くなればなるほどスキンケアの手間がかかり、お金もかかります。

オルビスユーならたったの3ステップでお手入れが完了しますので、スキンケアが面倒だなと思っている方でも手軽にきちんとスキンケアをすることができますし、トライアルセットなら1週間分でたった980円です。

20代のうちにお手入れを始めることは将来の自分のためです。

20代のうちからしっかりスキンケアをし、30代40代になってもシミやシワのない健康的でみずみずしいお肌を維持していきましょう!

タイトルとURLをコピーしました