用語解説

TOP > 用語解説

A~Z

・CGBVS(Chemical Genomics-based Virtual Screening:ケミカルゲノミクス情報に基づくバーチャルスクリーニング)
化合物とタンパク質の既知相互作用情報に基づいて網羅的な機械学習を行い、パターン認識によって未知化合物の活性を予測する手法である。タンパク質立体構造を必要とせず、GPCRやイオンチャネルなど幅広く適用出来る点、LBVS並みの高速なスクリーニング計算が可能である点が利点である。
・LBVS(Ligand-based Virtual Screening:リガンド情報に基づくバーチャルスクリーニング)
既知リガンドに類似した化合物を探索する手法であり、リガンド情報さえあれば適用できるという特徴をもつ。代表的なLBVSとして、分子記述子を用いた類似性探索、骨格検出、部分構造検索、ファーマコフォア検索などがある。
・SBVS(Structure-based Virtual Screening:構造情報に基づくバーチャルスクリーニング)
タンパク質構造情報に基づいた形状相補性や相互作用計算により化合物を選定するスクリーニング戦略である。既知活性化合物情報に依存しない新規ケモタイプが発見しやすく、化合物の結合に関するエネルギー的寄与を評価できるなどの長所をもつ。

ア行

・インシリコ創薬(in silico創薬)
膨大で多様なオミクスデータについて計算機科学を用いて的確に解析することにより、合理的に医薬品開発を進める創薬戦略を言う。

カ行

・化合物記述子(Chemical Descriptor)
化合物の化学構造に基づいて、構造特性や化学特性などの各要素を数値化したもの。化合物記述子には、原子と結合の情報(二次元構造情報)から計算する「2D記述子」と、三次元座標情報の入力も必要とする「3D記述子」がある。
・構造活性相関(Structure-Activity Relationship, SAR)解析
化学物質の構造と生物学的(薬理的あるいは毒性学的)な活性との間に成り立つ相関関係を解析し、構造的に類似した化合物の薬効予測に用いる方法である。特に、定量データを扱う事で量的関係の解析を行う場合には定量的構造活性相関(Quantitative Structure-Activity Relationship, QSAR)と言う。

サ行

タ行

ナ行

ハ行

・バーチャルスクリーニング(virtual screening)
医薬品開発の初期段階で、化合物ライブラリーから候補化合物を探索するスクリーニングの工程について、特に計算機科学を用いて実施することを言う。
・フィンガープリント(Fingerprint)
広く用いられる化合物記述子の種類で、定義された構造的特徴を分子中に含むときは”1”、含まないときは”0”としてビット表現される。非常に高速な計算処理を実現できる点が利点である。

マ行

ヤ行

ラ行

ワ行